• アイウエアのセレクトショップ

本日は、隆織(たかおり) T-023 カラー 4 です。

これまで数々のメガネメーカーのOEMを手掛けてきた、西尾眼鏡さんの、オリジナルシリーズである「隆織(たかおり)」からの、1本です。一枚物の生地から作り出される、完全生産受注の、ハンドメイドフレームです。依頼から到着まで約2か月を」要しました。待望の入荷です。

隆織(たかおり) T-023の 特徴

今回の隆織(たかおり)T-023 。フロントは、ウェリントン型フレーム。生地厚み約8mm!エッジの(相当)効いたデザインのインパクトは、「唯一無二」と言ってよい、威容を誇る圧倒的な存在感です。

リム上部ラインを、少し斜めに裁断。そのことにより、お顔に装着した時に、印象が、重くなり過ぎずに、奥行きと立体感が出ています。

この隆織(たかおり)T-023 は、エッジの効いたデザインが展開される、このブランドの中でも、「エッジの効きまくったアイテム。特筆すべきは、生地の表面の処理。

切れ味の良い刃物で、スパッと切り出したような、エッジの効いたフォルム。磨きに、磨き抜かれたであろう、生地表面は、鏡面の様です。

そして、その特徴を活かすように、艶出し磨き工程は、通常、「ガラ」と呼称される、研磨剤が入った回転機が使用されます。手のかかったメガネフレームになると、4回5回と、複数回研磨にかけて、艶出しをしています。しかし、その代償として、角が取れてしまします。(通常のフレームの場合この工程で、生地に絶妙な艶やかさと、角が取れることにより、陰影感が出ます)このフレームの場合は、そのエッジ感を残すために、磨きは全て手作業で行われている、との事。

磨き職人さんの、気の遠くなるような、手間と技量がかけられていることが、鏡面の見事な仕上がりに、惚れ惚れする心持ちで、愛でております。眼福です(笑)

一目惚れポイント~その色遣いと智の削り出し部のライン設定

今回も一目惚れポイントは、2点あります。

一目惚れポイント~その1 独特の色遣いカラー

隆織(たかおり)T-023 カラー4。透明感のあるブラウン系カラー。赤味とイエロー味の勝った、琥珀を思わせるカラーを素地に、所どころ、コーク系の青味が勝った、ブラウン系カラーとに、混ぜ合わされた生地が、お顔に装着した時に、重くなり過ぎずに。独特の陰影感があり、あまり出会ったことのない独特な色合いです。

一目惚れポイント~その2 快適なかけ心地

約8mmの生地のエッジの効いたフォルム。その魅力を存分に引き出す手磨き。この威容を誇る、唯一無二の、このフレーム。それだけでも、充分に魅力です。「オシャレは我慢」! 「かけ心地」は、仕方ない所です。

しかし。この隆織(たかおり)T-023 は、このフォルムからは、想像だにしないような、かけ心地が。

7枚丁番で滑らかな開閉。そして、フロント部とテンプルを、バネ性のある金具でブリッジされて、お顔に装着した時に、適切にホールド。見た目を裏切る、かけ心地の快適さがあります。

クラフトマンシップに感動

そして、テンプルに、家紋のエンブレムが施されるなど、ディテールも細やか。また、ハンドメイド独特の、磨き工程の際に、ほんのわずかな左右の差異。

その差異に、「職人さんの息遣い」が感じられる瞬間です。クラフトマンシップに触れた想いで、感動します。唯一無二のエッジの効いた、オシャレなフレームですが、

それを達成するために、細やかな「心遣い」と、確かな「技術」の裏付けがあって、達成されることなのだと、この一本のフレームから、今回も、教えて頂きました。

本当に素敵なフレームです  テンプルには「HANDMADE IN JAPAN」 日本製です。

尚、隆織の名前の由来は、デザイナー西尾隆之氏の、2人の子供の名前から1文字づつ取って、組み合わせたものということです。

フレーム価格 ¥30,000(税別) 価格¥ 37,400 (レンズ付税込価格)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA