• アイウエアのセレクトショップ

本日は、individualなメガネノートです。インディビジュアルとは、「各個の、一個人の、個人的な、独特の、特有の、個性を発揮した」という意味で。メガネは、お顔の形状、左右の度数、お好み、お悩み等々。元々 individualな 要素満載です。今回は、その2「アイポイント」です。

メガネ作製「アイポイント」のキホン

メガネの「アイポイント」 とは、メガネをかけた時の、眼の「瞳孔中心」の位置のことを言います。メガネは、視線とレンズの光学中心を、一致させて作製します。そのために、視線の通過位置にレンズの光学中心を合わせます。

画像お借りしました(このようなメジャー使用ではありませんが)イメージ図です

例えば、近用メガネの場合、 「アイポイント( 瞳孔中心 )」より約6mm下方(一般的な眼の下方回旋にて)で設定します。その作製根拠が、アイポイントとなりますので、メガネを作製する場合、その測定は、大変重要となります。視線からレンズの光学中心がズレてしまいますと、収差やプリズム作用が生じて、適切な見え心地が得られなかったり、「違和感」「疲れ」の原因になったりします。

また、累進レンズにおいてのアイポイントは、そもそもレンズを開発する際に、頭をまっすぐにして正面を見ているときの位置(第一眼位と言います)に瞳孔中心を合わせて作製することを基本としてそのレンズの能力、つまり、見え心地や視野(特に近方視野)が適切に働くように開発されています。

この点からも、アイポイントの設定は、メガネ作製にとって、非常に大切な要素のひとつです。

さらに、片眼ずつに、左右差、上下差、頭骨の前後差など、考慮。中心からずれると、収差やプリズムが発生しますので、基本、その差に合わせて光学中心を設定する必要があります。せっかく時間をかけて合わせたレンズ度数、選んだレンズが、その力を十分に発揮しづらくなったり、違和感(見え具合、見え心地、不快感、疲労感等)の原因となります。

そして、「アイポイントの測定」そのものの、「誤差」も見逃せません。

画像お借りしました(図は測定ポイントが100mm上下ズレの時の説明図です)

例えば、約40cm離れた位置から、測定機器(メジャー等)27mm(眼球の回旋点からレンズ前面までの距離)にセットして、測定する場合、正面から「約3cm測定位置がズレた」だけで、レンズ上では、「約2mmも、ズレて」しまいます。(フレーム上下で30~40mm程度です。この点を考慮するとこの差は小さくありません)正確な測定も重要になります。さて。このアイポイント測定も、2021年の現在は、測定機器を使用して、パソコンと連動させて、測定が出来るようになってます。

メガネLab.K(メガネラボケイ)での取り組み

しかし。Lab.(ラボ)では、 上記の注意点を踏まえて。私自ら、メジャー等と、ペンライトを用いて、瞳孔反射より、アイポイントを測定します。理由は、以下の点を考慮しています。

画像お借りしました

左右上下瞳孔中心差異の考慮。例えば、上下方向に位置ずれ(瞳孔中心と光学中心の上下方向のずれ)が生じると、上下プリズムが発生します。

特に累進レンズの場合は、視線の通過位置が左右で変わるため、「ぼやけや揺れゆがみ」に直結する場合も多いです。また近方見る時に、手元の見え方が左右で異なってしまい、非常に不快、不鮮明な見え方になってしまったりします。さらに、上下の高さの差を合わせて作製するのが「キホン」とは言え、左右眼球の動き(特に下方回旋量)を考慮しながら、設定等 

②今回選択のフレーム(縦横幅、形状からくる収差等)・レンズ(度数・種類)と前眼鏡(今お使いのメガネ)の使用状況の考慮。

眼球の動きの考慮(特に累進は下方回旋)

④お客様の、視線の動き(ヘッドムーバー型・アイムーバー型)の考慮

⑤第一眼位(正面を真っ直ぐ見た)時のお顔位置の癖(顎上げ、引きなど)の考慮

⑥その他(瞳孔距離が極端に狭いまたは広い場合の考慮。左右ズラしてみるお客様の考慮。眼位のある場合の抑制発生等の考慮)などなど上げるとキリがないですが、

実際にお客様と対面して、得られる情報は、快適なメガネ作製のために。

例えば。「視る」所作は、上記のポイントが、各々連動または同時に起こっています。真正面から、お客様に向き合うことによって多岐に得られることが多く、この点を大切に考えて、実践しています。

どうしてLab.(ラボ)なの?

お店の名称「メガネLab.K(メガネラボ・ケイ)」は、和歌山城下町、和歌山市にある、眼鏡・補聴器専門の小さな店舗です。よくお客さま達に、「どうして、ラボなの?」と質問があります。一般に、ラボ ( lab , labo )は、 ラボラトリー(laboratory)の略で、研究所・研究機関・実験室にあたる所の名称として使用されます。「メガネ研究社」みたな意味合いの感じです。私は、幼少の頃よりメガネ使用で。度数も強く、メガネは、大嫌いでした。しかし。メガネが無いと、見えない、大切な、人生の「トモダチ」です。当店では、メガネを、使用するときに、少しでも、「オシャレで」「素敵に!」「美しく!」「楽しく!」つまり、前向きに、毎日使う「メガネ」を、ご提供できるように、「全身全霊!」日々「研究(Lab.)」頑張っています!

「あなただけ」を素敵にアップ!                    メガネlab.k(メガネ研究社)3つのこだわり

①世界のメガネから、coup de coeur!(一目惚れ)アイテム!

~世界のメガネより、店主の心躍った!メガネを厳選!勿論「メイド・イン・ジャパン」も!~

②あなたの、お顔映え&お肌映えするコーディネート!

~肌カラー、質感など、あなたの気づかなかった魅力を引き出すコーディネートご提案を~

③あなたの心地よいを、調合! 「脳に合わせる快適メガネ」

~約1000種超のレンズから、心地よく、適切に使えるレンズのアドバイス!メガネ調整1mmまで~



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA