• アイウエアのセレクトショップ

今日は、NOEGO(ノーエゴ)frequence2 C59です。
以前ご紹介した、PARASITEのデザイナーであるHugo Martinのブランドです。他にないデザインセンスと大胆な色使い! それをお顔に装着すると、そのバランス感覚が、絶妙で、素晴らしいコレクション群です。このfrequence2 C59も、そんなひと品。配色は、黒ベースに、白カラーが、ラインとポイントに、配されています。

その黒と白のバランスがが絶妙で、身につけると、本当に独自のデザインながら。スーっと顔に馴染みます❗️特に今回のfrequence2 C59は、フロント上部は、黒カラー系ベースに、最上部の白カラーラインがお顔にアクセント的に映えています❗️

そして、フロント下部は、白カラーで、黒カラーとの対比が絶妙❗️さらに、フロントはナイロールで、下部耳側が、一部リム部が、無い仕様❗️エッジの効いたデザインと配色ながら、「抜け感」が、爽やかな存在感で、お顔を魅きたてます。本当に、素敵なフレームです❗️

価格¥39,600(レンズ付税込価格)

以下メーカーサイト情報より。

激しさと繊細さの邂逅
心躍る多彩なカラーリング

Noegoは作り、カラー、素材を調和させ、最高の仕上げを施しています。毎シーズン、デザイナーのHugo Martinはコレクションを一新し、ファッションやアート、建築物からアバンギャルドなインスピレーションを得ています。カラーコンビネーションはNoegoの特徴の一つです。時には大胆で、時には程よいバランスを持ちます。

ヒューゴ・マーティン

Hugo Martin
(ヒューゴ・マーティン)2005年10月 SILMO展(パリ)で発表。『parasite(パラサイト)』のデザイナーでもあるヒューゴが、しばしばまったくかけ離れたアイディアを思いつき、その自由な発想から立ち上げたのがノーエゴです。このブランド名は、現代の「個人主義」や「ナルシシズム」を連想させる“エゴ”と否定語の“ノー”を組み合わせました。これは、アイデンティティを確立すべく目的を探しつつも、消費社会に飲み込まれている現代人を比喩したもの。ヒューゴらしい独創性にあふれたデザインが魅力です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA