• アイウエアのセレクトショップ

ベートーヴェンが21世紀に生きていたら❓❓ 歴史は、変わっていたかも知れません。 ベートーヴェンは耳硬化症という伝音性難聴という説があります。人の声は聞こえなくても、ピアノの音なら、振動で聞くことができたようです。

ご存知の方も多いと思いますが。ベートーヴェンは、若い頃、ピアニストとして著名でした。

中々の好青年のようです😊

一般的にはこの画像のイメージですね🙂

この伝音性難聴というのは、個人差もありますが。補聴器で、聞こえは、改善できます♪

「21世紀にベートーヴェンが生きていたら❓」

作曲家としてよりも、偉大なピアニストとして、歴史に名を残していたかも知れませんね😊

しかし。現在よく知られている、名曲の数々は、難聴発症後に、生まれたものが、多数あります。(交響曲で言えば、5番運命や9番合唱など…)
そう思うと。少し複雑な気持ちになりますが。

もしも。顧客様に、ベートーヴェンが居れば。

迷いなく。補聴器を活用して、快適に聞こえるように。全力を尽くします‼️

当店の顧客様にも。

シバントスの補聴器を、活用して。

楽器を演奏されたり。カラオケを楽しんだり。されている方がいらっしゃいます❗️

人生100年時代❗️
楽しいLife(人生)の、お手伝いをさせて頂きます♪❗️

最後に。難聴について。

耳の中の、三半規管という聴覚を感じる器官があります。この三半規管まで音を伝達する箇所に、障害があるのが、伝音性難聴と言います。補聴器で難聴を補う事が出来やすいと言われています。

単に大きな声で話せば通じる!と感じておられる方も多いと思いますが。大きな声を出すと、一般の人は、不自然な発声となりがちで。かえって聞き分けにくい事がよくあります。相手の話し声が、「音」としては聞こえるが、何を言ったにか、聞き取りにくい。

これは、聞く側も疲れますが。話す側も、大変、疲れます‼️

事実、補聴器のご相談の約7割くらいは、話す側の、ご家族、ご親族様からの、依頼です。

この点を、補聴器で、お助け出来ることが多々あります😊

お気軽にご相談ください😊



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA